『草野球のエースを狙え!』~槙原寛巳の変化球講座~ 開催!!


この記事は2010.09.28にteams前身サイト草野球オンラインのに掲載されたものを再掲載しております


9月27日、草野球オンライン主催イベント第一弾となる『草野球のエースを狙え!』 ~槙原寛巳の変化球講座~ (協賛:マジェスティックジャパン、協力:朋栄)が明治神宮室内球技場で開催され、大盛況のうちに終了しました。当日は、あいにくの雨にもかかわらず、集合時間を待たずしてスーツ姿に野球の遠征バッグを肩にかけた、プロ顔負けの“やる気マンマン”の草野球プレーヤーが続々と集結。 これまで、元プロ野球選手による野球教室と言えば、少年向けが定番でしたが、草野球オンラインではあえて、その常識を打ち破るべく、大人のための野球教室をやろう!ということで実現した今回のイベント。野球を愛する人にとって、この上ない贅沢な時間の始まりです!

初めての試みということもあり、事前準備から実施まで、スタッフの間ではドキドキ感とワクワク感でいっぱいでしたが、みなさんの目の輝き、真剣に変化球に取り組む姿をみてホっとしました。ひそかに編集長が一番楽しそうでしたけど。(笑)

さてさて、イベントの方はというと、受付が開始され、参加者それぞれが着替えを済ませいよいよグラウンドへ。 普段はプロも使っている人工芝の室内練習場に皆さん興奮ぎみに降り立ったのが印象的でした。各自、キャッチボールが始まり、10分もしないうちに、室内では「バーン、バーン」とキャッチボールの音が鳴り響きます。その横では普通に槙原さんがキャッチボールをしてるんですから、それは、なんとも不思議な光景でした。


そして、いよいよ変化球講座のスタート。私はイベント全体のコントロールをするため、槙原さんや皆さんの様子を確認しつつ、時計とにらめっこ状態でしたが、開会式の挨拶に続き、「それではキャッチボールから行いましょう」と槙原コーチの掛け声で講座が開始。 参加者はまるで、技術の向上を目指す野球少年のように期待いっぱいに目を輝かせキャッチボール!


キャッチボールが始まると、各参加者に投球のポイントを指導しながら場内を回る槙原コーチ。一旦集合し、変化球を投げる上でのポイントや球種によっての握り方などを槙原さん自らの経験を元に指導。なんと、槙原さんの“あの”スライダーは、篠塚さん(現・巨人打撃コーチ)が、現役時代にふざけてピッチングしている際に、ヒントを得たというエピソードまで飛び出しました! その後、普段はなかなか体験できないテレビ中継で使っているホンモノのスピードガンによる測定や、これまたテレビ中継仕様の本格的なハイスピードカメラを使い、撮った映像をその場で再生しながら一人ひとりに槙原コーチが指導。草野球人にとってこの上ない贅沢な時間だったのではないでしょうか。ちなみに、この映像は、後日草野球オンラインでダウンロードができます! 講座の締めくくりは、槙原コーチ自らがマウンドへ!そのマウンドへ向かう「17」番の姿は、現役時代の姿そのもの!スゴいオーラに、さすがに参加者のみなさん、固唾をのんで見守っていました。そして、最後に高低差の大きい変化球(フォーク)がミットにおさまると参加者から「おぉぉ!!」と驚きの声。 最後は参加者全員と記念撮影を行い、あっという間の2時間の変化球講座となりました。


またこのイベントとは別に女子部の野球教室も開催! 大平コーチ指導のもと笑い声と掛け声と、ワイワイと盛り上がっておりました。 一緒に参加した女子編集部のメンバーは「キャッチボールがうまくなった。楽しかった」と次回参加が待ち遠しい様子でした。


編集部 甲林

0回の閲覧
 

野球チーム、集合。 teams

Copyright © 2018 SPORTS MARKETING LABORATORY Inc.