3回裏・・・寒さ対策



3回裏・・・寒さ対策

だいぶ寒くなってきました!! この時期の特に「早朝」の草野球は寒くて起きるのが「つら~い」ですよね・・・

これからの寒い時期でも草野球の試合や練習を行うことがあると思います。 寒い時の方が普段よりもパフォーマンスは落ちやすく怪我をしやすい・・・。 「いかに寒さ対策をして草野球を行うか?」を考えてみましょう。




隠せるところはしっかりと隠して熱が逃げないようにすること。 ウォーミングアップの時や試合に出ないで見ている時はベンチコート、ナイロン製のウィンドブレーカーを重ねて着たりニット帽、ネックウォーマーを付けて「頭」、「耳」、「首」から熱が逃げるのを防ぐことがベスト。 ベンチコート、ウィンドブレーカーを着ても寒さを感じる時はアンダーシャツを「体に密着するもの」にすれば温かく感じられると思います。 参考までに・・・ 体から発生する水分を吸収し、吸収する時の熱によって保温効果を出し温かくドライな着心地が保てるようです。 最近のアンダーシャツは素晴らしく進化していますよね!!




普段の生活の中で5本指ソックスを愛用されている方も多いと思いますが 野球用の「5本指アンダーソックス」も販売されています。 5本指アンダーソックスのメリットとしては ■足の指が自由に動く ■足の指でしっかりと踏ん張ることが出来る ■足先の冷えを防ぐ ■履き心地が良い 1つ1つの指が動くようになれば指を動かす細かい筋肉への血液の流れがよくなり自然と足全体の血液量が増えるようになります。 さらに5本指のソックスは足の指と指の間の汗を吸収するため汗が冷えることによって「冷える」ことを防いでくれます。 また「ふくらはぎ」、「すね」の大きな筋肉の下には足の指を動かす筋肉がたくさんあります。 指を動かす筋肉がついている「ふくらはぎ」、「すね」をしっかり温めてあげると足の指が動きやすくなり血液の流れもさらに良くなります。




たくさん上着を着こんで5本指アンダーソックスを履いても寒いようだったら筋肉へ温熱感を与えてくれるスポーツ用のオイルがあります。 寒さを感じる部位へマッサージしながら直接オイルを擦りこむ。 陸上や自転車の長距離選手が寒い時の練習、試合で使用されることが多いスポーツ用のオイルです。 寒さを感じると皮膚や筋肉は血管が収縮し血液の流れが悪くなる。 血液の流れが悪くなれば筋肉の機能も低下します。 直接皮膚に擦りこむことにより、オイルの成分が筋肉へ浸透し体に「温熱感」を与え体から発生する熱を逃がさずに筋肉を温かい状態でキープしてくれます。 以前に春の選抜高校野球に出場する沖縄のチームが寒さ対策として「氷水」で指を冷やしてからキャッチボールをしたり寒い日も「薄着」で練習をしていたと聞いたことがあります。 普段のプレーが寒くても出来るように感覚を慣れさせるためにやっていたのでしょうがさすがにここまでは出来ないですよね・・・ 寒さに慣らすよりも体を温め寒くても普段のプレーが出来るように心がけてみましょう。 楽しく草野球をするために!!

コラム トップページ

株式会社グローバルスポーツ医学研究所




2 views
 

野球チーム、集合。 teams

Copyright © 2018 SPORTS MARKETING LABORATORY Inc.